肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サイレントK初勝利

石井裕也投手が初勝利です。
なにはともあれ、一歩、ですね。
こんなに早く勝ち星がつくとは。

石井投手が出てくる前で、出かけなければならず
「絶対昌さんに勝ちつけろよ!しょーもない試合するなよ!」と
心のそこで中日ナインを罵倒、激励して
ラジオを切りました。

試合のほうはまたもぐだぐだで
本来なら3塁ウッズ、2塁福留、アレックスが歩いて無死満塁、になるというシーンが
好送球でまずウッズがアウトになり、その直後に牽制球で福留もアウトになり、塁上に誰もいなくなる。
打席のアレックスが四球選んで満塁になってるはずなのに、二人の不細工なアウトで結局、2アウト1塁に。後続続かず0点に。
というものすごい腹の立つチャンスのつぶれかたしてました。

特に福留選手は、こういうつまんないミスをしないのが持ち味でもあるのに
どうしちゃったの?と頭を抱えました。
また今日も負けるのか?と。

ウッズ選手は骨折、岩瀬投手はぎっくり腰、
立浪がレフトに、森野が3塁という守備の変更もあり、
なんかいやな空気です。
ウッズ選手も岩瀬投手も出てきたけど
岩瀬投手は試合に出ながら調子をもどす人だけど
ウッズは完全に休ませた方がいい気がします。

だから昌兄ぃが1失点でマウンドを降りたときは
何してくれるんだ!と腹が立つのなんのって。

しかしその怒りは、誰が勝利投手になったのを知ったとたん
しゅ~~~~っとしぼみました。

サイレントK初勝利です。
おめでとう。
決勝点を打ったらしい福留選手と一緒にヒーローインタビューもやったようです。
ニュースは要チェックですね。

おめでとう!本当に嬉しいよ!
ひげもないほうが、さっぱりしてかっこいいよ!

難聴難聴いわれるのは仕方ないです。
英智選手が打てないと言われるように
162センチの鎌田選手が小さいと言われるように
立浪選手が足遅いと言われるように。
横浜の多村選手がスペランカーと言われるように。
うーやんと、ヘディングの伝説が切っても切れない関係であるように。

同じです。
パーフェクトな体や素質の選手なんて、いないですから。
私はこういう事例と同じだと思ってます。特殊で目を引くだけ。
しかし、だからこそ注目を浴びるし応援もしたくなります。

(いるけどね松井とか。福留もそうだな。
背も高く、肩も足も良く、爆弾になる持病もなく、打てる守れる選手。
それでも、順風満帆ではないんですよね、特に福留は好不調の波激しい)

阪神戦、2勝1敗ですか。
終わってみれば善戦しましたね。エラーやミスはあいかわらずですが。
地獄のキャンプの成果見えてこないのが悔しい。
選手の方が悔しいとは思うけど、
阪神相手に2勝できたのは大きいな。
しかし、阪神もナゴド来ると、とたんに元気なくなりますね。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/17(日) 22:27:40|
  2. 中日
  3. | トラックバック:15
  4. | コメント:11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。