肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラブデリック・ラブ!その2

Victor the Best チュウリップ
Victor the Best チュウリップ

○チュウリップを楽天で検索

この作品は、ラブデリック系列会社パンチラインから出たゲームです。 ちなみにラブデリックから枝分かれした会社はあと一つあります。

 これは、中学生の青春まっさかりの主人公くんが 誰彼かまわずチュウを迫るゲームです。

 主人公君はある女の子に恋をして、彼女にチュウしたいのですが 迫れば、当然、変質者扱いされて張り倒される事になります。 彼女は警戒心が強く、なかなか近づく事ができません。

 というわけで主人公君は、町の人たちと交流し、チュウをして経験値をあげていきます。 老若男女、動物、ロボット、へんないきもの、おかまいなしでチュウです。 一度警戒心を解いてチュウに成功したキャラクターは いつでもチュウに応じてくれます。 町を歩きながら行きかう人とチュウが出来るんです。まったくとんだプレイボーイです。

この作品から、歩くのは早くなりました。 また昭和初期の古き良き時代が背景となっていて、和みます。 空き地にはドラム缶があって、主人公の家もぼろぼろの超日本家屋。

毒部分はなりを潜め、ほんわかムードですね。 ユリちゃんというスナックのママさんにいたずら見つかると ガミガミ怒られるんですが、生返事してると、お小言が終わりません。 「ああ!そうそう、子供の頃、お母さんにこうやって怒られた!」というデジャブに陥ります。

 好きな女の子とちゅうしてハッピーエンド!てな終わり方でもないのが好きです。


ギフトピア
ギフトピア

○ギフトピアを楽天で検索

もう一つのラブデリック枝分かれ会社、スキップが任天堂から出したゲームです。

絵柄ががらっと変わります。 アメリカーンな原色の、がきんちょの冒険記です。 最初は、えーなんでこんな絵になっちゃったの?と思ったのですが ゲームやってるうちに慣れます。 物語は大人になるための儀式のためにお金をためるところから始まります。

ラブデリゲームの産みの親、西健一氏の業界復帰作!(といっては失礼か?)

西健一氏の動きを当時マメに追っかけてたんです、心配と期待で。 『L.O.L』の失敗で、次のゲームが出せない状況に追い込まれた西氏。 起死回生狙って、任天堂に企画書持ち込んで、 京都の任天堂本社でプレゼンして、プレゼン通って喜んで。 制作費も確保し、散り散りになっていたスタッフも呼び戻すことができて、 新作ゲームに取りかかります! 子供がお金儲けに必死になるゲームを!

実際はお金だけではなく、島の人たちとのふれあいがメインです。 怪しいきのこ栽培して、食べてトリップしたり、危ない描写もあります。

 ラストは見事な大団円。泣かせます。 ゲームキューブなので軽いノリですね。一応、子供向けだし

理不尽な謎解きや、強制ゲームもなく、歩きも早くてさくさく進みます。 もちろん、村人ストーカーや釣りで一日つぶすのもOK!

個人的には、サブカル臭が気になりました。 ニヤリとする程度通り越して、鼻につくんだよね。 (私がエンドネシアとかチュウリップのほうが好きなのはそのせいかも)

 この作品はスマッシュヒットにはなったと思います。 だって次回作の製作がすぐ決まったからね。 次回作はGC『ちびロボ!』 ついでにその次の3作目も取り掛かってるらしいです。 大期待!
スポンサーサイト
  1. 2005/04/20(水) 19:18:59|
  2. オススメゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。