肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「おお振り」の爽やか球児に差し込んできた影

おおきく振りかぶって Vol.10 (10) (アフタヌーンKC)一回ブログ、サボっちゃうと、サボるのが癖になっちゃいますね。

 とりあえず、思ったことを少し。

昨日、いきなりスラムダンクが読みたくなって漫画喫茶行って来たんですよ。超久しぶりに。

で、全部読んで満足したあと、雑誌コーナーに「おおきく振りかぶって」が表紙になってるアフタヌーン発見。何気なしに読んじゃって。さらに内容が気になったので、バックナンバーも探して読んじゃって。

これは・・・。

さらに面白くなってきてる。

青春まっさかりの高校生。
コロコロ笑ったり、泣いたり、みんな素直で、チームワークはよくて、野球に夢中。子犬のように可愛い。

初心者除いてみんながレギュラー。全員一年生で面倒な体育会系年功序列無し。ピッチャーはコントロール抜群、捕手は頭が良く、キャプテンは頼れる性格の優等生、4番は天真爛漫な天才バッター。

あまりに理想像のさわやか球児すぎて、ちょっとファンタジー。
でも、そこが良いなあと思ってたんですね。(実際の甲子園常連校の球児なんて、ねえ?後輩いじめに、体罰に。タバコ吸うわ万引きするわ女癖悪いわ…)

で、今の「おおきく振りかぶって」
少しずつ、現実というものが忍び寄ってきてるんですよ。

順調に大学進学後も野球できそうなのは、今のところ田島くんくらい。だから今のメンバーが野球に打ち込めるのは高3の夏まで。

あと二年。たったの二年。

短すぎるよなあ。

監督の立場で言うと、公式野球部を設立してから五年くらいで公式戦をいくつか勝ち進めるレベルのチームになってくれればいいなあ…と言ったところだけど、三橋君ら当事者にしてみれば、野球部が軌道に乗るころには卒業なわけで。

モモカンも最初は監督業をひたすら楽しんでたけど、指導者として腹くくった感がある。今月号、三橋に対する「やっぱり」という表情と、ラストの花井君に対する言葉、めちゃくちゃ怖い。精神面へのスパルタ追い込みが始まりそうで、ワクワクするだよ。

どこまで続くかわからないけど、なんとなくこのメンバーの高校生活というのを最後まで書きそうな感じ。

作者のほかの作品も前に読んだけど、めっさ暗い。暗部書き込みすぎってくらい人間のいやな部分というのを、あっさりしつつもねっとり書く人でさ。そういうテイストが少し入ってきたかな?作者は球児というものにロマンや憧れを持っていると思うので、あんまり突飛な展開はしないと思うからほんと楽しみです。

楽しいだけの野球部が、楽しいだけじゃない野球部に変わって来た。早く続き読みたいよおおおお!!

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト
  1. 2008/06/08(日) 17:00:01|
  2. 読み物とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ユキノシタで美白効果出たよ!

最近会社で、「体調悪いの?」「顔色悪いよ」とよく言われる。

先週、一気に冷え込んだ時、確かに風邪を引いた。
でも、咳無し、熱無し、だるさ無し。
外に出て寒いと、ブルブルっと風邪引く時の前兆悪寒が走る程度。
なので普通に「ちょっと風邪気味なんですよ」と答えていた。

今週にいたっては、もう悪寒もなく元気バリバリである。

だが、みな口々に私の顔色が悪いと言う。それも見るたびどんどん顔色が悪くなっていくと。

今日はさらに「今まで一番顔が白い」と言われまくり、絶対どっかおかしいから昼休みに体温測って来いとまで言われた。

(風邪だと思ってたら肺炎だった、捻挫だと思ってたら骨折だった、クーラーの冷えから来た腹痛だと思ったら盲腸だった、という前科が一杯あるので、余計言われるんですよw。重病を覚悟→超軽症っつかそもそも病気じゃなかったという逆パターンも多いんですけどね)

でね、はたと気がついた。

もしかして、顔が白いのは、美白化粧水の効果ではないかとw

先々週から、ユキノシタをBGに漬け込んだエキスを化粧水にどばっと入れて使用中なのです。 それとボタンピもね。両方とも美白に効く生薬です。

細かい説明は以下のHP熟読のこと。self-care CLINIC (生薬データページ)ローズマリー軟膏の時に世話になったHPです。

そしたら朝起きてびっくりするほど顔の色むらが無くなったのですよ。私はどちらかというと色白ですが、皮膚が薄くて血色がダイレクトに表面に出るんですよね。この症状がひどいといわゆる赤ら顔ってのになるんだと思います。そこまでひどくないだけで。

その血色が綺麗に消えてるわけです。

おまけにほっぺのシミも薄くなってる。気のせいじゃない。
ビタミンCをイオン導入すると一瞬白くなって、逆にシミが浮き出て濃く見えるってのがあるんですが、ああいうのとは違って全体に白い。朝起きて鏡見たときに、あれ私昨日ファンデ落としてなかった?と寝ぼけて、クレンジングしてしまったことがあるくらい。

肌の色が明るくなった、ではなく、白色の絵の具を皮膚の色にまぜた感じ。
透明感のある肌ではなく、不透明で均一な肌の色になってるのです。

こんな感じ↓
左が透明50%レイヤーで肌色を表現、右が不透明(80%)レイヤー

下の青と赤の色と、シミの茶い転々は両方とも同じ彩度と透明度。真ん中の丸の肌色は、透明加工すると色味が薄くなるので左のほうがすんごく濃いです。

んで。左の状態から右の状態に変化したわけですよ。

それを皆さん、「顔が白い=顔色悪い」と受け取っているんじゃないかと。

そうだ、そうだ。絶対そうだ。
だいたい私は顔色が悪かったら真っ青になるんですよ。プールから出て凍えてる小学生並みの紫色の唇&目の下のクマが青黒く主張するんです。体調悪くて顔が白いなんてありえない。

しかも昨日は、ボーっとして間違えてユキノシタエキスを直接顔に伸ばした。化粧水とサイズ一緒の青のガラス瓶なので、よく確かめもせずに顔に伸ばしちゃってね。30分後くらいにいつものようにしっとりしないのでおかしいなと思ってようやく気づいたのです。

そのせいで、皆がびっくりするほど、さらに顔が白くなったのではないかと。ちなみに肌が乾燥するとか異常なしでした。

フローラルウォーター(月桃)
ユキノシタエキス
ボタンピエキス
アロエパウダー
グリセリン
保存料としてGPE

割合はGPG以外、全部適当。月桃もトラブル無し。前使ってたネロリより断然安いし、保存も利くらしいので、これで行こうと思う。

チークちょっと濃い目にして、MMUファンデの色も変えたほうがいいのかも…。
嬉しい悩みだ。でも、また色ジプシーになるのはちょっと鬱。

  1. 2008/06/12(木) 19:26:28|
  2. 石けんとかアロマとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイレントKのトレード

中日石井と横浜小池のトレード成立
 中日は16日、石井裕也投手(26)と横浜小池正晃外野手(28)のトレードが成立したと発表した。4年目の左腕・石井は神奈川県出身で04年にドラフト6巡目で入団。今季は1軍登板なし。通算では51試合に登板して7勝4敗、防御率4・54。午前中に球団首脳からトレードを知らされた石井は「中日にお世話になった。自分が頑張って恩返ししないといけない」と話した。((日刊スポーツ)

トレードです。

地元に戻れるので心機一転がんばって欲しいです。

こう言っちゃなんだけど、今横浜は投手がいなくてアップアップ状態なので、打たれても打たれても使ってもらえると思う。そうしているうちに、ひらきなおりでもなんでもいいからなにくそって投げるようになれば、あの気弱ピッチングも影を潜めるんじゃないかと。

横着なところがあるように見えるので、「打たれたけど試合に負けるのは俺のせいじゃないもん」的な状況のほうが、「だったらちゃっちゃと終わらせよう」と考えて鬼ピッチングやっちゃったりしそう。

中日だと、二軍で好投→一軍で調整登板→何回か中継ぎ→そのうちボコスカ打たれる→次にもっかい投げさせてもらえる。で、ここが一番のキーポイントで、立て直せば一軍続投(というか一軍戦力に定着する)、駄目なら二軍(もっかい最初からやりなおし)、という流れ。建て直しに失敗すると、なかなか次のチャンスがもらえない。(今の朝倉がいい例だ)

石井の場合はメンタルの問題で、無我夢中の時はめちゃくちゃいい球投げるんだけど、次の登板になると、妙に緊張感が薄れて、四球→一気に弱気になる→棒球投げて打たれる→二軍落ちの繰り返し。

肩を痛めてからは輪をかけて気弱に。
一軍半どんぐりーず投手も多いけど、今の石井はそこにも入れなかった。

打たれようが荒れ球だろうが勢いという素質を持っている投手(浅尾・聡文・チェン)とか、ボロカスに打たれても自分で心身の調整できる器用さを持っている投手(吉見・鈴木・小林)は、次のチャンスは与えてもらえるんだが。

中日で首脳陣に一番嫌われるのは、バッターを怖がって勝負を避けて四球でランナーを出す投手。これはピッチャーがこの過ちを犯すたび、選手を責めない落合監督が唯一はっきりと駄目だしをする部分でもある。(有名なのは野口と朝倉。昌、平井あたりもチクチク言われてた気がする。)正直このパターンに陥った投手を見つめる落合監督はハンパなく怖い。怒りのオーラで包まれてどこがポーカーフェイスだってくらい怖い。

石井はこの首脳陣が嫌う形のピッチャーになってしまった。勢い型の癖に、すぐに気弱なる。だから制球も勢いも無くなる。コーナーの隅をつくコントロールが皆無になり、そして失敗。このパターンの投手は二度目のチャンスは与えてもらえない。即二軍行き。ルーキー時代は強気で押すタイプの投手だったから、よけいに、なんでこんな投球してんだお前状態。だから、彼にとって八方ふさがりな環境ではあったと思う。

numberの石井特集で、親御さんが中日行きが決まった時に、「駄目だったら中日の職員にしてください」と頼んだという話が載っていた。その話が消えた今、甘える状況ではない、投げなくてはいけないという状況に追い込まれた。中日のような怪我に過保護で、痛みがあるうちは投げさせてもらえず、リハビリ運動専門のトレーナーが目を光らせている球団でもない。親会社はハッパかけて活躍しろインタビューだ特集だと騒ぐだろうと思う。

中日は厳しい環境だが
横浜も違う意味で厳しいぞ。がんばれ!石井!

ちなみにそのnumberの特集では、”難聴者は聴覚がない分、鳥のさえずりや木々のざわめきを聞いてリラックスしたり、好きな音楽を聴いて気分転換したり興奮したりという、音からもたらされる情緒がどうしても欠けてしまう。それに加え、周囲に神経を張り巡らせなければいけないという、「聞こえないストレス」に終始さらされる。この負担は健常者が考える以上に重く、心の成長がどうしても遅れてしまう”と書かれていた。精神面が成人するのは30歳と言われているのだという。

高校生の時はとてつもない気分やで、練習サボりの常習犯で、怒られると傷つきやすく、すぐふてくされるため、監督も扱いに苦労したらしい。精神面の幼さというのは本当にあったんだろうと思う。

石井はプロに入団したのは24歳。この雑誌を読んで、石井の投球の急激な変化も納得してしまった。30歳で成人なら、石井は思春期まっさかりの不安定な精神状態で厳しいプロの世界に飛び込んだわけになる。そりゃ性格も変わるわ。

ただ、逆に精神面はこの3年間でものすごいスピードで成長したと思う。

横浜での石井の奮起を祈る!

ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/06/16(月) 23:43:21|
  2. 中日
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

ヴェスペリアの体験版

テイルズ オブ ヴェスペリア の体験版ダウンロードしてやってみたけど、ボスのドラゴン倒せねえ…メニューで、技セットしなおし、料理も材料がそろってるのでやって、アイテム全部とって、それでも勝てん。 

絵は綺麗。ってかすっごいアニメっぽい。

主人公が非常にまともっぽい。というか登場人物の中で一番影が薄い。子どものような脇キャラを見守るお兄さん状態。

イケメン長髪剣士様なので、脇キャラでいた方が目立ちそうだ。

ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/06/22(日) 21:48:11|
  2. ゲームのプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

♪小池さーん、小池さーん好き好き~

ロッテ<5-7>中日

小池さん。
なんかこう、非常に顔とか雰囲気が中日っぽい。
あの独特のお父さん感。若いのに。

平田と顔似てるよね。兄弟みたい。二軍暮らしで日に焼けてるのも要因だとは思うが

プレースタイルも中日すぎる。
犠牲フライにバントに内野安打に前進守備の隙をつくタイムリー。

今、一番中日らしい野球ができる人だね。移籍してきて一日二日の選手なのに。もともとそういう選手を選んだってのもあるんだけど。ここまでとは。

帰ってきたら、5対5で、そこから小池さんの勝ち越しタイムリー目の当たり。
あとは守備で一個好プレーすればもう、中日ファンの心は隙間無くばっちり小池さんラブで埋まります。

サイレントKこと石井裕也も昨夜は横浜で好投したようだし、このトレードは良かったと双方言ってもらえるものになりそうですね。

しかしヒーローインタビューで、晴れ晴れした顔でけっこう毒吐いてましたね。「今までは野球らしい野球ができてなかった」とか「昨日から中日来て気力が充実」とか「ポジション与えてもらえるので」とか。相当腹に溜め込んだものがあったようです。

でもね。中日にはビョンという選手がいてだな…。先は安泰ではないのよ。小池さん。でもおそらく中日ファンは、小池さんのほうを応援するでしょう。

しかし、ロッテは重症だねぇ。

ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/06/22(日) 22:22:54|
  2. 中日
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

firefoxで文字が出ないよ~

firefox3入れたらコメント欄に記入できなくなった…。

文字打ち込んでも表示されません。

ためしにYahooのコメント欄でも挑戦したけど同じだった。

なんで?なんで?

ちらほら他のブログでも見えないページがあってさ。sageで読み込んだり、ブラウザのCSS切ると読めるのでCSSの関係だと思ったけど、

コメント書き込みはCSS切っても無理だった。

うーん。これは困った。

IE重いし使いづらいんだよな~。Firefox 3


セーフモードで起動したら、勝手に治りました。 3にしてから入れた機能拡張(マウスゼスチャー)を無効にしたのでそれが原因と思ったけど、もっかいインストしなおしたけど、異常が起こらん。 とりあえず良かった。
  1. 2008/06/24(火) 00:53:35|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラタトスクの騎士はちょっとイマイチだぞ

テイルズ オブ シンフォニア ラタトクスの騎士 うーん。
シンフォニアのノリを期待すると肩透かし食らうね。

DQNカップルがシンフォニアの面々の偉大な歴史や賞賛を、世界中を旅しながら確認していく物語。

薄い!浅い!軽い!

お子ちゃまなのよ。主人公二人が。
おままごとなんだよねぇ。

それなりに過酷な運命を背負ってはいるんだけどね。

前作主人公のロイドに、両親を殺され、故郷を焼け野原にされて、親戚の家でいじめられてうじうじ暮らしていた少年が、ヒロインとの出会いをきっかけに悪魔と契約。一緒に旅に出るという始まり。

主人公、あまり物事を深く考えず、他人に何かを強く言われるとすぐに聞いてしまう。影響を受けるとか、そういうレベルじゃない。ほぼ言いなり。

一応口では「ヒロインを守る」だの「世界を救うため」とか説明するけど、こうしろって他人に言われたことを鸚鵡返しで言ってるだけ。

  1. 会ったばかりの人に「しっかりしろ、自分の意思を強く持て」と説教されて感化される。
  2. 自分の意思に忠実になろうと決めたので、入るなと言われたダンジョンに突入。
  3. いきなり出てきた悪魔に騎士になってヒロイン助けろと頼まれて断れず契約。そして1の人に怒られると、自分の意思で騎士になったんだ!ヒロイン守るんだ!と反発

ねえ。それほんとに自分の意思なん?簡単すぎない?


一番の不満点はシナリオのテンポ。
二人の旅路は行き当たりばったり。見事なおつかいシナリオなんだな。

とりあえず近くの村に行く→入ってすぐに単発事件発生→解決→よかったよかった。で、これからどうしよう→ここでタイミングよくどこそこの村や町に行けば?と言うアドバイスが入る→じゃあ、とりあえずそこ行こうか

の繰り返しですよ…。

早く自分たちが先へ進まなければとんでもないことになる!と、いちいち悲壮感漂う追い立てられかたをしていたシンフォニアとはスピード感が違いすぎる。行動の理由って大切だね。

ロイド関連もなんだかな~って感じ。

ヒロインの目的が偶然ロイドにも関係しているらしく、何かとロイドが邪魔してくるわけだが。二人は「ロイドむかつく!親の仇!ムキー!」って怒るだけ。

ロイドを追い詰めて殺すと誓うわけでもない。ロイドがまた起こすかもしれない虐殺から民を守るために立ち上がるわけでもない。ロイドの背景にあるマーテル協会や諸悪の根源を調べるわけでもない。コレットと会っても、友達になったよ!で終わったし。あかんやん。

なんだかな~。一応、統合性はあるんだが。

主人公の多重人格(?)と、記憶喪失(?)の二つの思わせぶりな伏線が、別の流れで何度も出てくるのがテンポが悪い一因かも。

虐殺事件前の生活は覚えてないが記憶喪失でもない。本人も覚えてないんだか覚えてるんだかはっきりしない。

豹変と記憶喪失を絡めてないので逆に展開が読めてしまう…。展開が読めるから何回も同じこと繰り返されるとなんだかうんざりしてしまう。

最初から、『目の前で親を殺されたショックで、それ以前の記憶とを失った穏やかな少年』っていう直球設定のほうが良かったんじゃないかな。


基本的にワンパターンなんだな。

これの繰り返し。

おまけに、ヒロインが主人公に一目ぼれして、臆面も無く猛烈アタックかけてまして。ハートマークが飛び交い会話が何度も何度も何度も出てくる。これがうぜえのなんの。

ストーリーは期待できそうもない。このままご都合主義な流れで最後まで行くと思う。

シンフォニアの面々は、思ったりも頻繁に出てくる。
頻繁というより気軽に出てくる、と言ったほうが近い。

戦闘はなかなか面白い。

でもモンスターが使いづらい。契約画面で、所有スキルや術を見れないのが激しく不便。特殊スキルになると、戦闘中でしか能力の説明見れないし。わけわからん。

外伝物だからね。本家チームはヴェスペリア作ってるわけだし。こんなもんか。

→2008年やったゲームのランキング

  1. 2008/06/28(土) 00:54:39|
  2. ゲームのプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好き好き大好き小池さん

中日<2-1>横浜

小池さん大活躍。
しかも願いに願っていた守備で!

レーザービームで捕殺と好投。どっちも得点をはばんだすごいプレー。

もう中日ファンの心わしづかみでしょう。オアシスになったと言ってもいい。

憲伸も岩瀬も、イマイチだったけど守備で守り勝ち。なんかいいよね、この形。

にしてもデラロサがうろうろして画面に映るたびぎょっとする癖が治りません。英智の背番号だったからね。おまけに本来井端がいるべき場所に、57の背中が映るってすごい違和感。

ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/06/28(土) 10:18:33|
  2. 中日
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。