肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三枚目突入したぞ、スタオー4

スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-(特典なし)スターオーシャン4です。

3枚目入りました!
ムービー長っ!!!

X-BOX360は長い間ボタン押さずにいると、画面ストップしちゃうので、あれ?って思うことしばしば。

ストップするのは構造上最初からわかってんだから、ムービー時間、考えて欲しいもんですね。10分くらいかかってんじゃないかね。

相変わらず、展開さくさく進むのはいいけど、ムービーになるとダラダラ同じような言葉を喋るのも多くなってきた。

ムービースキップすると、簡易あらすじ表示されるので、長ったらしいと飛ばしちゃいます。


それはそうと、フェイズ君関連のイベントが熱い。

腑抜けになった主人公と対立したりで孤立気味。ヒロインは当然ながら、上司であり、惚れた弱みもありで、主人公支持。この間、他のメンバーは空気になって口出しせず。理不尽すぎるわい!

こういうチームワークという名の主人公優先主義には反吐が出ますねー。

主人公がうだうだと「俺は苦しいんだ、悩んでるんだー」って必死にアピールしているうちに、とあるジプシーの女性が大変なことになってしまうわけです。

この時点で、あと一つ仲間枠が開いてたんだけど、このゲームで唯一、「いいな、このお姉さん。仲間にならないかな~」って思った人だったりします。

結局、同じ事件に巻き込まれてた天然ボケ天使が、最後に加入するんだけど。この人じゃなくて、ジプシーのお姉さんの方が良かった。マジで。天使と役交代してても良かったのに・・・。

フェイズ以外は、めでたしめでたしで終わってるだけに、余計に「うっわぁ・・・滅入るわぁ・・・」と思う展開。

フェイズ君、我慢なんてせずにあの勢いで主人公とヒロイン殴っちゃえばよかったのに。


主人公、気落ちイベントから復活したものの「俺たちは仲間だ」等の恥ずかしい台詞連呼するキャラになってしまいました。

若いくせに敬語ちゃんと喋れるところ好きだったんだけど、こうなるとうぜえ・・・。

ヴェスペリアの主人公もそうだったけど、「仲間の絆」を連呼するの、ほんとに、うそ臭いわ、うさんくさいわ、薄っぺらいわで、萎えますね。

特にこの作品は、信頼関係が生まれるようなイベントはあんまり無いので、なんでみんな主人公をすぐ信頼して大好きになるのかさっぱりわからん。

category「2009年やったゲーム」

スポンサーサイト
  1. 2009/03/02(月) 01:08:00|
  2. ゲームのプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイオ5!やばいっす!

バイオハザード5バイオハザード5きたきた!!!

スタオー4、ラスダンぽいとこまで来たけど放置!
ちょうど戦闘に飽きてきたところだったしね。

いやはやもう。

面白いぞ、と。

この手ごたえ、オリジナルなボタンアクションと操作加減。

PS2時代のラジコン操作に右往左往した時間を思い出します。この最初とっつきにくい操作感は、わざと狙ってやってるんちゃうかと。

チュートリアルなぞ簡易にもほどがある。
やってみて、説明書読んで、勝手に覚えてけ!という突き放し。

でも、中身は面白い。面白いから覚えちゃう。

わらわらわらわらと、最初からゾンビ軍団にいっせいに襲われます。ままならない足取りで半泣きで逃げたり、迎え撃ったり、やっぱり逃げたり。

コンティニューのメニュー画面で、銃や装備のレベルアップができるので、死んでもちゃんと強くなれる。

次なら倒せるかもしれないと、ちゃんと思わせてくれる。この期待と絶望のバランス!楽しすぎる。

弾は、少量づつしか手に入らない。でもこまめに出てくるので、気にせず撃って良し。でも常に残弾数は考えて撃たないと駄目。

ゲーマータグに名前思い切り使っちゃってたので、ネットにつなげる様に実績捨てて新規で取り直したけど、オフのまんまで十分そうなので、結局オンラインで誰かと協力ってのはやってません。私トロいから相手の足引っ張りそうだしね。

最初、ジル姉さんの墓が出てきてビックリ。だから今回の相棒にアンジェリーナ・ジョリー似の美人なのかよ!と思ったけど、どうやらジルは生きてる形跡ありのようです。わくわくですね。

相変わらず、ロード時間や別ファイルで、これまでの膨大な歴史をきちんと説明してくれてます。もう、うろ覚えすぎるので、ほんと助かります。

wiiで出した「アンブレラ・クロニクルズ」のテイストが一杯あります。あっちはガンシューティングなんだけどね。これまで出たバイオシリーズのゲーム、すべてひっくるめて、進化しているんでしょうね。

category「2009年やったゲーム」

  1. 2009/03/05(木) 20:10:00|
  2. ゲームのプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中日対戦、WBC

                 
                 
という表記にドキリとしたドラゴンズファンは私だけではあるまい。

バイオ5来ちゃってしかも面白いから、休憩の時だけ見てます。バイオ5面白いよ、バイオ最高。

  1. 2009/03/05(木) 20:52:00|
  2. プロ野球の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オンラインやってみたバイオ5

バイオハザード5バイオハザード5オンラインやってみました。

結果、自分役立たずにもほどがあるぜ!ってな感じ。

「サンクス」とかどーやって言うねん!ひゃあああって、あせりまくり。「カモン」なら言えるのに・・・。(Bボタンでタイミングによって操作キャラが簡単な言葉を喋る)

お邪魔した相手はかなりやりこんでて、装備も銃のグレードアップもどーやったらこの日数でそこまでいくんだ?ってベテランさんで、ぐいぐい引っ張ってってもらいました。かなり親切な方でした。

まだやってないチャプター突入したんで、落ちました。
最後にthank you程度のメッセージとか入れたかったけど、どうすれば良いのかわからず、説明書に書いてある通りにやったんだけど、これ無言で落ちてないか?こんなもんなんだろうか。

小心者にとってやっぱり敷居は大きかったかも。AIシェバさんと二人でやってたほうが、気使わなくて楽かな。

category「2009年やったゲーム」

  1. 2009/03/07(土) 00:06:00|
  2. ゲームのプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイオ5終了。満足です

バイオハザード5バイオハザード5終わっちゃいました。

満足です。面白かった!

ジルさんとシェバさんの「私こそがクリスの相棒よ」という密かな火花が何気に怖かったです。普通に考えてシェバさんは入る余地なさげなんですが、クリスと手つないだり見つめあったり思わせぶりな演出が多かったのは気になるところ。

これまでのBIOHAZARDの真の敵だったあの方ともやっと決着。もうクリス&ジルが主役になるのもこれで最後かな。補佐の役割で出てくるのはあるだろうけどね。

アンブレラはすでに無く、新しい製薬会社が出てきて、ゾンビウイルスは生身乗っ取りウイルスに変化。

これからもウイルスは進化し続けていって、若い世代の登場人物たちの話になって行きそう。ってか、そうでなくちゃシリーズ続かない。

(でもクリスの息子が主役の近未来ものにするとかはやめて欲しい)

黒人差別云々についてはそうは思わなかったです。ウイルスを投与されてしまった被害者という描かれ方してたし。

これからさらに舞台がグローバル化していきそうですね。アジア舞台もそろそろあるのかも。でも日本は無理そう。秘密結社が大規模な軍事基地を作るには狭すぎるからねぇ。拳銃の弾丸も引き出しには入ってないしさ。エイダさんがいるから中国とかありえそうな感じ。広いし。


そして、クリア後、早々にマグナムを無制限化してやって思ったこと。

やっぱり制限あって、死ぬか死なないかの瀬戸際でひいひい言いながらプレイしてるほうが遥かに面白い。

そして、これまたクリア特典のマーセナリーズ。

これはひたすらゾンビを倒していくだけのゲームなんですが・・・

私へたくそすぎて、目も当てられない。いい感じで飽きた来たのもあって、身が入りません。運要素ほとんど無し。確実に腕がいる。Aランククリアなんてどうやって取るんだ・・・。

カプコン、Wii「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」GAME Watch

でもって新作も出てきました。こっちはwii。

アンブレラクロニクルズの続編だそうです。レオンとクレアの話っぽい。しかしこの二人は線が細くてあまり好きではないんだよなあ。若手ハリウッドスターみたいな風貌してるしさ。クレアなんてなんで生き残ってるか不思議に思うほどの普通の小娘なわけだしね。

  1. 2009/03/15(日) 13:08:00|
  2. クリア感想・ネタバレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WBCやったあああああ!

世界一です。おめでとう。

イチローって酒弱いのかな。それとも天才なだけに、常人と違う部分のネジが飛んでるのかな。ハイテンションぶりでもぶっちぎりNO.1。なんだか凄い。さすが天才。

嬉ションしちゃうワンコより遥かに喜んでるよね。


ところで、今日歯医者行ってきたんですが・・・WBC連覇の感動も吹っ飛んじゃう、微妙な大事件が発生・・・。

担当歯科医さんのことを「誰かに似てるんだよなあ・・・」と思い続けて早2年。今日ついに気付いちゃったんですよ

「・・・・・・・・・・小笠原だああああああ!」

中日ドラゴンズ所属 投手  小笠原孝 43

もうね。治療の真っ最中に気付いちゃった時は自分を呪った。笑いそうになるのをおさえるので大変でした。

別に、憲伸に似てても、原監督に似てても、岩隈に似てても、「似てるなー」って思うだけで面白くはないと思うんですけど

小笠原だとなんだかおかしいんです。

というわけで、顔を見ないようにしてるんですが、顔覗き込まれるので見ないのは無理。しかも顔が至近距離に近づいてくるからもう。

小笠原の喋ってるとこヒーローインタくらいしか見たこと無くて覚えてもいないんだけど、絶対口調や声も似てるはずという確信があって。

「うーん、奥の歯がね、こうなってるでしょ、だからこうなんだよねー」(妙に早口、微妙にタメ口)

これから毎週通わねばなりません。どうしよう。

前通ってた歯医者さんも、腕はいいんだけど、治療中声が裏返る歯科医さんで。しかも名前連呼する人だったんです。

「モカさん、痛かったら手を上げてくださいねモカさーん、歯叩きますよ。モカさんこれ響きますかモカさーん、モカさん痛いですか。じゃモカさん次、モカさんこれはモカさんどうですかモカさーん」

一回マジで治療中吹いた。その歯科医さん(しかも睫が異常に長い大きな目でまばたきが派手なのもツボでした)は喉に水が入ったのだと思ってくれたけど、アシスタントの人たちは何故私がむせたかわかってたと思う。あまりに苦しくなって通うのを辞めました。

  1. 2009/03/24(火) 23:24:00|
  2. プロ野球の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「江古田ちゃん」と「モテキ」両方読むと面白いかも

モテキ 1 (1) (イブニングKC)モテキという漫画読んだ。もてない男が、いきなりモテはじめてあたふたする話です。

いるいるいるいる。こういう男いるいるいる!

ちょっと仲良くなったところで、意識しすぎちゃって全てを駄目にする男。そして「俺はこんなに頑張ったのに」と叫ぶ主人公。いるいるいるいるいる。

目から出ているのは汗、俺は独りで生きていけるんだ-久保ミツロウ『モテキ』1巻 (牧情)

それはもうこの物語の主人公である幸世は自分の脳みそがそのままトレースされているのではないかと思うくらいに。

そうか。男から見てもこの主人公はリアルなのか。

主人公、ルックス悪くは無く、性格も悪くも無く、背も高くて、服装センスも生活スキルも悪くない。彼女なんて普通にできるだろうという感じ。

ほんと、女に言い寄られてもモテても全然おかしくない。メガネかけてて、ロックフェスとか行っちゃってて、クールぶっててさ、いや、こういうタイプもてるだろ、普通にってすごく思う。
でも、「この主人公と付き合えるか?」という話になったら、大半の女性が「無理」と言いそうだ。ここらへんが絶妙。

この作品は、男目線なので、女たちは基本的に「思わせぶりの酷い女」として書かれている。でも、主人公だけが一方的に好きになって気を使っているのではなく、女側もちゃんと主人公に好意を持ち、気を使い、困り果てた末に逃げている。

男性が読んでも、これじゃ女が逃げてもしゃーねえだろうなと思わざるを得ないのではないかと思う。この絶妙さ!クラクラきます。

特に「いっちゃん」のエピソードがリアルすぎる。確実に惚れさせる瞬間作ったのに、翌日の不自然極まりない態度で「やっぱり無理!」になる流れ。

「好き」って気持ちを相手に見せるのは「恥」とか「負け」とか考えてるのかもしんないけどさ。予防線張りまくった上に、「俺はこんなふうにちゃんと気を使える男なんだぜ」っていうアピール。そら引くわ。

女「好意を持つ」≠「好き」(興味63好意63好き)
男「好意を持つ」=「やりたい」(興味=好意=やりたい)
しかし、簡単にやらせる尻の軽い女は好きじゃないという矛盾。
この果てしなく深い溝。
「好き」=「やりたい」は男女とも同じではあるのだけど。

なんだかんだいって、片思いでうじうじして、好きな男の前でギクシャクする少女漫画の主人公と似てる。キーワードは自分の気持ちが一番優先。傷つくのが怖い。

少女漫画だったらなんだかんだいって誤解は解けてうまくいくんだけどねー(うーんファンタジー)

女にとっての「恋」は、強烈な母性本能、お姫様願望、自己陶酔、依存、夢、いろんな物が交じり合っているカオスなブラックホール。ここを避けて、付き合う(やる)というのは避けられませんよ、幸世さん。


ちなみに巻末漫画も吹いた。
いるいるいるいるいる、誰とははっきり出てこないけど、いるいる!!!

家族自慢、趣味自慢。バンドやってます。自分がプロ漫画になるとは思わなかった謙遜(?)。吹き出し外の自分突っ込み
僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)いるいるいるいる!!

ああいうの読んだ時に思う、もやもやした感覚(嫉妬とも違う)は、自分だけが思ってたわけではなかったのね。

それと「僕の小規模な生活」の作者も思い浮かべました。あんな作風だけど、実際はこんな風だったりして、みたいな。


この作品の女性たちは、江古田ちゃんに「猛禽」って呼ばれる類の女。モテキの主人公も、江古田ちゃんに出てきても遜色ない感じ。

何ヶ月か前のアフタヌーンで、色気も化粧気もなくて、背が低くて非美人で、さばさばしてて、でも数多い男友達の中から高レベルの男といつのまにか付き合いだして、しかも相手のほうがメロメロ、という「真の猛禽」が出てきたんですが、(それ読んだ時は「のだめだ!」と思った)いっちゃんもここに入るタイプ。

「相手がいないなら俺が相手してやってもいいかな」なんておこがましい。ちゃんともてるんだぞ、いっちゃんタイプの女は。それも男気のあるいい男にモテる。マジで

臨死!!江古田ちゃん 3 (3) (アフタヌーンKC)話がそれたけど、主人公は「猛禽」が食らいつくレベルなんだから、男としちゃ確実にイケてるんだよ。でも主人公自覚ないから空回る。もったいない。

あ、でも猛禽かそうでないかは、男からしたらわかんないもんだろうしな。難しいな。

臨死!!江古田ちゃん 3 (3) (アフタヌーンKC)


少女漫画 (クイーンズコミックス)でもって、モテキの作者は女性。
でもペンネームはやっぱり男名。

男名(もしくは性別不詳)でないと、まず読んでもらえないし、変な先入観持たれちゃうらしいです。

だから巻末で私は女だーと元気にカミングアウトしてるのはなんとなく嬉しかったです。

  1. 2009/03/26(木) 19:55:00|
  2. 読み物とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

始末屋ジャックが始末されてしまいました

そろそろポール・ウィルスンの始末屋ジャックシリーズ読もうと思って、ぐぐったら、翻訳中止になってた・・・・

マジか。シリーズものは、いちいち新作を追っていっても、前作が二年前だったりすると細かいところを忘れてしまう。だから10年くらい待って巻数たまってから一気に読む。

そろそろ、5~6冊は出ただろうと思ってたらOTZ

シリーズものなのに?映画化って話も出てるのに?大御所作家なのに?

安定の人気シリーズだと思ってた…。うわーショック。
予想を反して、前後に分かれてるとはいえ、読んでないのが8冊ほどあった。でも続き読めないなら意味ないよね。

悔しいからナイトワールド・サイクル 読み返してやる。

  1. 2009/03/26(木) 22:48:00|
  2. 読み物とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィギュアの選手はバッシング受けるのが定番か

フィギュアスケート。
高橋大輔がいないだけで、こんなにもつまらないものなのか。去年の熱中度を100としたら今年は40くらいしかない。つくづく怪我が惜しまれる。

おまけにWBCでさらに加熱したお隣の国の沸騰振りについてけない。
優雅を絵に描いたキムヨナちゃんも、国の行方が肩にかかってから、鬼のような形相で滑ってて痛々しい(演技もそんな感じだし)

なので真央ちゃんと、安藤さん見てから、甲子園中継に移行。なんかもう、気が滅入るんだ。

真央ちゃん良かったのに、点数伸びなかったなあ。今日は、演技中に靴が投げ込まれるんじゃないかと心配していて、無事に滑り終えたことにホッとした。
普通の日常生活も身の危険にさらされてるんじゃないだろうか。伸び伸び滑らせてあげたいなぁ。

イチローは前回のWBCの時点で33歳、真央ちゃんは今現在18歳!
反日感情ぶつけられる年じゃないのにね。イチローみたいに誤解を受けるような発言や、負けてスラング言ったわけでもなく。ねえ。

台落ち決定ぽいけど、マスコミは彼女を非難しないであげて欲しい。台落ちするような演技じゃないと思ったしね。日本の至宝に傷をつけるなと。


伊藤みどりの時も、やたらバッシングしてたのを覚えてる。やれかわいくない、足が太い、ジャンプ以外が駄目・・・。それにくらべ、海外の選手はスタイルが良くて、優雅で・・・と実力を認めようとせずライバルを褒め称えてた。それで五輪で金が取れなかったっつって、伊藤さんを責めたわけだからね。子供だったけど、あれは腹が立ったなあ。伊藤みどり謝る必要ないじゃんって!なんで謝るの?って。

今YOUTUBEとかで見ると、ジャンプ以外の要素もすっごい綺麗で、スピンなんてその場でぶれずに回り続けるし、音楽とジャストで踊りきるし、何より観客に感動を与える選手だった。決してジャンプだけの選手じゃなかった。

でも「ジャンプのみの大雑把な大根足」という刷り込みが出来ちゃってて、詳しくない人は「伊藤はジャンプだけ成功させりゃいいんだよ、転んだら価値無し」みたいな風潮だったのは、今思い出すだけで悔しい。

アルベールビル五輪の伊藤みどり。

今見ると、転んだあとの意気消沈から、後半もう一回トリプルアクセルに挑戦して成功させて、ぐんとスピードが上がって生き生きしだす。すでにピークは過ぎて怪我に苦しんで転んで、それでも飛んで成功させて、という彼女の人生そのもののようです。この演技は転んだ部分含めてこんなにもドラマティックなのに、「銀」ってだけで、あんまり評価されなかったよね。伊藤みどりは日本が一番過小評価してるよ。


安藤さんもバッシング酷かった。前回の五輪のあと、つぶされそうになってたけどよく持ちこたえたと思う。次の標的は真央ちゃんか?酷いなあ。泣けてくる。

安藤さんの演技良かった!雑音が真央ちゃんに集まるせいで、集中できているのかも。ジャンプ綺麗だよねぇ。勢いがあって。

もう意味不明なバッシングやめてほしい・・・。みんなすごい選手なのに。

追加・今キムヨナの点数見た。ありえない・・・これ競技なの?狂気だよここまでいくと

  1. 2009/03/29(日) 11:31:00|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。