肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テレプシコーラ10巻読んできた。

舞姫(テレプシコーラ) 10 (10)

まだ中学生なのに。

これが六花ちゃんなら、ぐずぐず悩んで、みんなに心配されて、結局泣いてすがるだろうに。

ネタバレ文はこの下



正直、千花ちゃんはバレエは無理になっても
六花ちゃんの越えられない壁兼ライバル兼優しく厳しい指導者として君臨しつづけると思ってた。
でも、不良になって夜遊びはじめるとか、精神がぐらついて攻撃的になったり欝になったりで、それなりに家庭を振り回したりするんだろうな~と思ってた。

実行未遂なんかはあると思ったけど。(自殺未遂じゃなく、実行未遂ね)
まさかなあ。

金子先生の台詞見ただけで、もうその時には絶命していることがわかったもん。千花ちゃんはためらい傷なんか作る子じゃないから。

10巻の知花ちゃんは、ぞっとするほど色気があって、めちゃんこ美しくて、読んでてドキドキするような迫力があったんですが(アルファベットのピンつけてた日と、母親の前で泣いたところが特に)…いや、もう本当に「惜しい」。バレエの先生たちの言葉にうんうんうなずきたくなる。

いやはやショックです。
大地君の涙にもらい泣き。

いじめっこの描写もえげつないですね。
学校では大人しいけど、外に出ると私服は派手で、人格も変わる。
逃げる際のすばやさからいっても、おそろしく機転もきいて頭もいい。

で、事情を知ってるもう一人の子は口が軽く、べらべらしゃべる。善意の第三者の振りですね。
でも「これ以上は言えない」と肝心のいじめ部分については口を閉ざして「味方になってあげたいけど、私も困るの、ね、察してよ」って遺族を突き放す。
きっと学校でも、遠巻きに見てただけで、千花ちゃんのこと見えない振りしてたんだろうね。この子。

よく仏壇の前に平気で座ってられるよ。二人とも。
そんな子に焼香なんか来て欲しくないよね。

たったこれだけの説明で、千花ちゃんの学校生活がどれだけ悲惨だったかわかるってもんです…。

そういえば、空美ちゃんはどこでなにしてるんでしょうね。
知花ちゃんがいなくなったので、そろそろ出てくるのかな。

  1. 2007/02/01(木) 01:17:51|
  2. 読み物とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「千花ちゃんに限って」と「アイシテル~海容~」 | ホーム | 浅羽莢子さん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/496-dc8c0198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。