肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドーピング

中日はどうしちゃったの?って感じだね。
昨夜は森野のHRのところから見たのですが
最初から見てたら頭を抱えてしまうような試合展開だったようで…
ここまでボロボロで、取りこぼしも多いのによく持ちこたえてると思う。
今の私のPCみたいで泣けてきますわ。

それはそうと、ガトームソンのドーピングはちょっと解せない。

春先のプロ野球の小ネタと言えば、花粉症。
週間ベースボールでも、スポーツニュースやサイトでは、毎年花粉症に悩む選手の談話があがってるよね。

それに今年からドーピングが厳しくなったので、「飲んでる花粉症の薬がOKなのかまだ答えが出ていないので、今はすべての薬の服用をストップしている」と悲鳴をあげてた選手も多かった。

なのに育毛剤はノーチェックだったって、その時点で首を傾げてしまう。
外国人選手だと、向こうの薬を持ち込んでくる可能性もあるわけで、逆にチェック厳しくなると思うしね。

処分も甘い。甘すぎる。野球界はアホですって声高々にアピールしているようなもの。
メジャーを真似、かつオリンピックを視野に入れたドーピング厳罰の導入だったのに、処罰は日本球界オリジナルの甘甘裁定って馬鹿すぎる。

ソフバンもNPB処分が重過ぎるとして、異議申し立てするって…それはやっちゃいけないと思う。ドーピング違反発覚後に登板もさせちゃいけないでしょ。ここをちゃんとしてないと、いろいろ腹を探られるだけじゃん。

正直、育毛剤として使用してただけで、悪用したとは思ってないけど。これだけ、なにか裏で思惑が動いているような処罰や行動だと、いろいろ後ろ暗いことあるんじゃないの?と言いたくなってしまう。(ソフバンだけの問題ではなくてNPB全体の動きとして)

「育毛剤の使用でこんなに重い処分なの?ガトームソン可哀想」と誰もが思う処罰でないと、意味が無い。ドーピングというものはそういうもの。限りなく白に近いグレーでも、問答無用で黒と断定する、という厳しいルールのはず。

これを機に全選手のドーピング一斉検査をするべき!

と、言いたいところだけど、しねーだろーなあ。一時的にチェック人数を1試合3人から1球団2人(つまり1試合4人)に増やす程度のことでさえ絶望的にしないって断定できるわ。これから完全悪用のドーピング選手が発覚しても、出場停止50試合程度で「ガトームソン選手の処罰の2倍以上という非常に重い処罰にした」とか普通に言いそうだしな。

それどころか、ドーピングの認識が浸透したため、といって検査を来年からやめてしまっても、あんまり驚かないと思う。

野球界だしな。

これの問題に関しては毎日新聞がGJすぎる記事を連発。

薬物違反問題:日本球界にも影 ずさん管理を露呈

出場停止20日間という比較的軽い処分になったのは、「本人の申告を球団が放置しており、選手には可哀想な面があり、大幅に軽減した」 とした。

球団のチェックが甘かったから選手には責任はないですよってことですが、こんな言い訳が通ってしまってしまうのって大問題だと思う。
いくらでも言い逃れできちゃうじゃん。球団からしたらトレーナーの首飛ばす方が痛手ははるかに少ないんだしさあ。

薬物違反問題:申告放置、何ともお粗末 解説

世界のスポーツ界では、罪の意識や知識の有無を問わず、「薬を使ったらアウト」が常識。

違反第1号ということをかんがみても、一罰百戒の意味を込めて、より長い出場停止を科しても良かった。まして野球界は今、16年以降の夏季五輪正式種目復帰を目指している。「ドーピングに甘い業界」という印象を与えることは、絶対に避けなければならないはずだが。

薬物違反問題:球団、甘い対応 事情知りつつ登板させる
制裁を見越した「駆け込み登板」の印象は否めず、ドーピングに対する球団の対応の甘さを証明する形になった。
ブログを書くならBlogWrite
  1. 2007/08/11(土) 01:45:37|
  2. プロ野球の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<好試合でした | ホーム | 神宮から帰還>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/575-bdc68f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。