肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

十二国記の最新作が出るんだって!

十二国記:6年半ぶり新作「丕緒の鳥」発表 小野不由美の傑作ファンタジー(毎日jp)

累計700万部を発行する小野不由美さんのファンタジー小説「十二国記」で、最新作「丕緒(ひしょ)の鳥」が27日発売の文芸誌「yomyom(ヨムヨム)」6号(新潮社)に掲載されることが明らかになった。01年9月発売の短編集「華胥の幽夢(かしょのゆめ)」以来6年半ぶり。

やったー!

もう出ないかもしれないかもと、あきらめに近い心境だったけど、出てくれました!涙涙の、最新作。

これを機に、ぽつぽつと続編が続いてくれないかな~。

ホラー小説ブームの真っ只中、「魔性の子」を読んで「つまんねえ!」と思ったのが、小野不由美さんとの出会いでした。当時は十二国記無かったからね。『彼は違う世界から来た異端者でしたで終わりってw、夢オチレベルのラストじゃねーか、何コレw』とか思ったもんです。

十二国記の続きで改めて10年ぶりに読んだときに、SFファンタジーではなく、ホラー小説に仕立て上げた作者の才能に脱帽しました。 十二国記関係なく、ホラー小説としてそこそこヒットしたってのも凄いな。(ラストや背景不足について酷評くらってたけど)

本編は「神様」という確信部分にまで風呂敷広げすぎてこれ大丈夫?と不安になったら、やっぱりそこでぱったり続きが出なくなった。まだ、内側で陽子はもがき苦しんで欲しかったです。

お約束やルールってすごく重要だよね。

 (スポーツ物って、ルールというそびえ立つ壁があるから、突飛な設定にしてもなんとか破綻しないでいられるんだと思う)

とにかく、よかったよかった。

この数年間の沈黙は、さらなる十二国記をつづるに必要な時間だったと思えば。6年なんか軽い軽い。

ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/02/19(火) 21:12:37|
  2. 読み物とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パウエル問題 | ホーム | デビクラ4クリアしました。感想です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/657-5e3763a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。