肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロスオデの感想ですよっと

ロスト オデッセイ 特典 特製B2サイズポスター(原画:井上雄彦)付き
ロスト オデッセイ 特典 特製B2サイズポスター(原画:井上雄彦)付き 
価格: ¥ 4,28

ボイスですが、ディスク3枚目で日本語から英語に変えてしまいました。佳境に入ってきて、盛り上がってるところでタラタラ喋られるのはキツイ。

ちなみにゲームの方はムービー多すぎで辟易中。

英語のほうがしっくり来ます。
リアクションから何から何までピッタリで、最初からこっちに合わせて作ったような感じ。

そして、ぜったいこれが上原多香子と思っていた演技下手なキャラクターが、奥貫薫だったことに驚愕。この人こんな下手だったっけ?俳優喋りでもなんでもないただ下手なだけって感じの棒読みぶり。演説は本当にひどかったなあ。

上原多香子のほうが数倍うまいです。っていうか、上原多香子かなりまとも。すごくまとも。つたない部分はあれど、これだけやってれば十分なレベル。平均点はちゃんといってる。彼女の演技が下手って書いてた棒レビューサイトの批評者は、思い込みで批判した声優を間違ってたんじゃないかと…

まー、俳優喋りって味っちゃ味なんだろうけど。
俳優さんの声優挑戦って喋り方が問題なのではなく、動きや性格にまったく声の演技が合ってないのが問題だよね。

テンションの乖離ね。
画面のキャラクターは派手にぶっとばされて、字幕も「!」つきなのに、声はちょっとつまづいて驚いた程度の発声だったり、そういう部分。

この作品だと、一番セスが気になる。(壊滅状態の姫様は置いといて)ちゃきちゃきした明るい感じの動きと台詞なのに、喋り方が妙に暗かったり怒ってたりするから。うまいんだよ?喋り方は。

豊川悦司もテンション低くて、本来なら嫌いなタイプなんだけど、カイムになんとなく間抜け臭漂わせてて、なんかいい。敵から身を挺して孫を守るところで、「あの声でこのテンションでそのポーズですかw」みたいな笑いどころをもたらしてくれてて、なんかいい。ほんとに。

なんでだろう。設定から何から何まで「いい男」のはずなのに、頭が少し足りない人に思えてくるんだカイムが。「単純で思慮が足りないから利用されるんだよ、馬鹿だなあカイムは(´∀`)w」みたいなね。

英語のほうでムービー見てて、ここでも悦司はテンション低い例の変な声でボソボソ喋ってんだろうな~と気になったりします。英語の声優さんは普通の男前な声で、頼りにできるリーダー格の男性って感じ。悦司ほどの味はないです。

ヤンセンの日本語演技が神クラスで、アドリブ入れまくりなので、本当は日本語のままで行きたかったんだけどね。うまい人はほんとうまいのにな~。

2008年やったゲーム

  1. 2008/03/12(水) 02:51:17|
  2. 俳優の声優起用反対
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィギュアスケートって面白いなあ | ホーム | オープン戦が始まったよ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/662-110fd016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。