肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NHKサンデースポーツ、石井裕也特集の文字起こし。2005年5月22日放送

石井裕也「好きな言葉は“なせばなる”。自分自身を持って…。やればできる、と思います」

2軍のブルペン。投げ込む石井裕也。 投手コーチの声「さあ、いこー!」 スパーンというボールがミットに収まる快音。 コーチ「よっしゃー!」

ナレーション『石井裕也投手。難聴のハンデに負けることなく、いくつもの障害を乗り越え、プロのマウンドに立ちました。石井投手が野球を始めたのは、小学校二年生。すぐにプロ野球選手が将来の夢になりました。難聴を不自由に感じたことはないという石井投手、人一倍、強い心で練習に打ち込みました』

中学時代の顧問・中川繁先生 「あの子は中学に来た時から、『僕はもう野球しかない』ということしか言ってない。中学の時からもう、『自分の希望はプロだ』とはっきり言ってる。私自身が、プレッシャー感じた。うん。もう…ひたむきそのもの」

走りこみ中の二軍選手たち。笑顔で走っている、やたらとさわやかな石井。

 『高校時代には、神奈川県屈指の好投手として注目されましたが、プロからの誘いはありませんでした。しかし、夢を諦めず、社会人野球に進んだ石井投手』

画面が白黒に。

 『社会人一年目に、大きな試練が待っていました。…左肩の故障です。手術を受け、2年もの間、満足に投球できない日々が続きました』

石井「もうだめかなぁ、と思って…。僕はまだあきらめないで、プロに行きたい気持ちもありますし、死ぬ気で頑張ってきました」

ジムでトレーニングする石井。バーベル持ち上げ。

『石井投手はウェイトトレーニングに励み、体作りに専念しました。肩が治ったときにはストレートの急速がおよそ、5キロアップして、147キロを記録。逆境をバネに、ついにプロへの扉を開いたのです』

中日・春キャンプ。沖縄。2月。 10人ブルペンで投げ込む石井。

『中日に入団した石井投手。しかし、投手陣は12球団トップクラスの層の厚さを誇ります』

川上と岩瀬が並んで投げ込む姿がアップに。

『厳しい競争を勝ち抜き、一軍に入る事ができるのか?キャンプで、その実力が試されました。持ち味はコントロールの良さとマウンド度胸です』

石井の投球をじっと見つめる森投手コーチと落合監督。

森投手コーチ「あいつの場合、変化球のコントロール、それからー、ボールの切れですね。早く一軍に上がるチャンスはあるかな、というものは感じてたんです」

『開幕こそ、二軍の石井投手でしたがすぐに一軍に昇格しました』

初登板4月13日。スコアボード、先発投手だった落合の名が消え、石井の名前が点灯。
球場のファンの大声援「頑張れ、頑張れ、い・し・い!頑張れ、頑張れ、い・し・い!」

男性ファンの野次口調の激励がマイクにばっちり「おい、あと頑張れよーお前ー!石井ー!!」  
ウッズがなんか話しかけてる(日本語なのかな?)笑顔でうんうんうなずく石井。

 『初登板となった広島戦、最初のバッターは強打者前田。プロ第一球』
カキーン!見事なホームラン。
『痛烈な洗礼を浴びました』
石井「緊張したんですけど、ビックリしたけど、…ちょっとショックでした」

2戦目。4月17日巨人戦。
 『二回目の登板は四日後。一点を追う場面でのリリーフ。今度は緊張することなく、自分のピッチングを貫きます。切れのあるストレート。コントロール抜群の変化球。本領を発揮して、2回を無失点に抑えます』

 福留タイムリー。荒木がホームインの映像。
『流れをつかんだ中日が逆転し、石井投手、初勝利。憧れのプロでつかんだ、初めてのウイニングボールです』

抑え投手の岩瀬投手が、出迎えた石井にウイニングボールを渡す。
ペコっとお辞儀をして、嬉しそうに受け取る石井。

 ヒーローインタビュー。
石井「自分の気持ちを攻めて、攻めて頑張りました」

 『ここから、快進撃が始まりました。強気のピッチングで並み居る強打者を抑えます。』

巨人戦。清原登場。
『プロでもっとも対戦したかった清原選手』
清原、センターフライに倒れる。
『この対戦が、プロでやっていく大きな自信になったと語った石井投手。投げるたびにチームメイトの信頼も増していきました』

 中日・井端弘和選手 「ああ、投げっぷりがいいですね。あのー、マウンドでもね、おどおどしないっていうかね。堂々としてるんで、非常に、えー攻撃に移りやすいピッチャーだなと思います」

横浜遠征、4月30日。  数人分のタオルを手に持ち、駐車場をメールしながら歩いていく石井の姿。
 『しかし、プロの世界は、甘くはありませんでした。先月末行われた横浜での試合。一軍入りして初めての里帰りです』
石井「久しぶりの横浜ですけど…嬉しいです」

ご両親が、スタジアムの座席に並んで座る。
 『スタンドには両親も駆けつけました。そして8回、石井投手の出番が訪れます』
拍手する両親。お父さん、中日の帽子かぶってます。  

『ところが、横浜打線に捕まります』
滅多打ちに合う石井。打球の行方を見る両親。  
『3本のヒットを打たれ、2点を失いました。その後の登板でも打ち込まれた石井投手。2試合に1回の連投で疲れが溜まり、自慢のコントロールが乱れていたんです』  

 ベンチに戻った石井。だれかが肩を叩く。石井立ち上がって帽子を取り、森繁投手コーチの元へ。森投手コーチ、石井の正面に立ち、その右肩をがっしりつかんで、お小言開始。バッターの構えをして、「バッターこうなるだろ?ここでこうするんだよ」というようなジェスチャー。うなずく石井の背中。
駐車場、バスに引き上げる石井。 下を向き、唇をかみ、首を振っている。悔しそう。 すれ違いざま、記者か関係者が、その背中を激励するように無言でポン!と叩く。 

『わずかな乱れも通用しない。プロの厳しさに直面しました』  

二軍降格。5月23日。二軍練習場のナゴヤ球場。  

『今月23日、石井投手は二軍に落ちました。新たな試練の始まりです』

 中日選手寮の外観。夕暮れ。窓に映る石井らしい人影
 『これまで常に前向きに歩んできた石井投手、その心の支えになっているものがあります。全国のファンから寄せられた手紙です。障害のある人からの手紙も少なくありません』

手紙の文面を読み上げるナレーション (読み取れる部分を抜粋します。ナレーションで読み上げた部分が青字)

 「勇気づけられたと同時に感動しました。  
実を申しますと、私は生後2ヶ月の時に骨の発育状~  
悪い難病となり、両肢が不自由で育ちました。   
3年前には足の状態が悪くなり車イスと杖が~ (中略)  
TV等でよく見ていたりしています。   石井投手が入団された事は私達に、勇気や夢や希望を与えてくれました。  大活躍を願っております

私の子供は知的障害者です。ぜひ子供たちのために夢を与えてください

「一軍のマウンドに登れ。  パ・リーグ党やけど、石井さんは別。応援してる」 

石井「励みになります。気持ちは…心強くなりました」

  『自分のピッチングを取り戻すための投げ込みが始まりました』
ブルペンで投げ込む石井。その度コーチたちの掛け声が飛ぶ「よっしゃー」「オーケイ、オーケイ!」
小林聖始投手コーチがアドバイスをしている様子が流れる。
小林投手コーチ「体重を乗せる。右足に。うん、それがひとつチェックポイント」

石井「ピッチングを直して、しっかりコントロールをつけて、もう一回鍛えなおして、また一軍に上がりたいと思います」

石井の練習風景に、でっかく“なせばなる”の文字。  

『なせばなる、強い心で石井投手は再び一軍のマウンドを目指します』 



VTR終わり

女子キャスター「現在二軍で調整中の石井投手、これまで二試合に登板して、いずれも無失点!徐々に本来のピッチングを取り戻しているということです。プロ入り、そして一軍のマウンド、さらに初勝利と、難聴のハンディを跳ね除けて、次々に夢をかなえてきた石井投手、多くの人を勇気付けるピッチングをさらに見せて欲しいですよね」



石井裕也の記事のインデックス
  1. 2005/06/12(日) 06:05:01|
  2. 中日
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
<<ロマサガ・プレイ日記・わたしタラール族のアイシャ! | ホーム | ロッテが強いんです、強すぎるんです。>>

コメント

昨夜、放送があったのでしょうか?
・・・また見逃しましたorz
  1. 2005/06/12(日) 07:20:05 |
  2. URL |
  3. ぷろぐらま #-
  4. [ 編集 ]

>ぷろぐらまさんへ

ちゃいますよー。
えーと先月放送したNHKサンデースポーツの文字起こしでっす。
5月23日かな?
こないだADSLが切れちゃってネットできなくて暇だった時に仕上げてたんです。
放置してたの思い出して、あわててアップしました。
  1. 2005/06/12(日) 07:50:50 |
  2. URL |
  3. モカ #-
  4. [ 編集 ]

ついでにナレーションの部分青く書いてみました。
どうでしょう?
ナレーションの部分がわかりづらいかも~と頭悩ませてたんですよ。
でもやってみたら、強調されすぎてバランス悪いかもと、逆にむんむん悩んでます。
  1. 2005/06/12(日) 08:01:44 |
  2. URL |
  3. モカ #-
  4. [ 編集 ]

ついでにリンクも入れ忘れてたので、遅ればせながら
入れさせていただきましたー!
  1. 2005/06/12(日) 08:04:12 |
  2. URL |
  3. モカ #-
  4. [ 編集 ]

ナレーション、わかりやすくていいのではないかと思います。
石井投手はまだ2軍にいるみたいですね。
これから暑くなり、1軍の投手がへばってきた頃に1軍復帰、となるといいのですが。
  1. 2005/06/13(月) 06:19:38 |
  2. URL |
  3. ぷろぐらま #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/69-866df26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

聴覚障害 ドラゴンズ 石井投手 「なせばなる」

サニーです。 こんにちは。いつも ご覧頂きまして、ありがとうございます。中日ドラゴンズを応援しています。中日の投手、「石井裕也」さん。去年(2004)、社会人(三菱重工横浜クラブ)より、プロ・中日ドラゴンズへ入団。生年月日:1981年7月4日身長/体重:178cm/71k...
  1. 2005/06/13(月) 09:09:02 |
  2. SF映画好きのドラゴンズ応援 Mr.SunnySue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。