肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三体の骸骨


秘密―トップ・シークレット (2)    Jets comics
 ひどい…

この作品の核と言えるほどの大切なエピソードがここまで改悪されてるとは…。

脳を見なければ犯罪をあばけない第九の虚弱性をついた犯人の狡猾さと挑戦、遺族&犯罪者本人から発せられるプライバシー侵害の訴え。父親の本心を知ることの恐怖、無言の圧力で迫る美しい映像と、残酷な映像。

よくぞここまで、良いところを、ひとつひとつ丁寧につぶしていけるなあ、と。

前編は、一家惨殺シーンは原作通りでおばあちゃんの飛び散った脳みそやら、砕けた頭蓋骨や歯なんかも普通に描いてたので、これはあの一番の問題シーンも書くかな~と思ってたら…

骸骨が椅子に座ってるだけw

拍子抜けですよ。
絹子の残虐性と異常さが最高潮で発揮されるシーンなのに。

別に原作どおりの絵を出せとは言わないけど。男を思うようにもてあそび、殺してはその死体にさらなる陵辱を加える。なぜ彼女が男をこれほどの憎むのか、その意味があの綺麗に並べられた死体には無い。死体アートじゃねーんだから。男たちの内臓や血の一滴まで無駄なく憎んで、そのエネルギーを注ぎ込んでたわけだから、絹子は。

犬の視界の特性についての説明なしw
(赤一色のはずなのに緑色も使っちゃったからかな?)
おまけに一番大切な犬の見た世界も美しくないw
青木は最後には父親の日記読んじゃう!
読むのかよ!!!

意味ないじゃん・・・・!

ゆがんだ心が作り出した残虐な絹子の世界と
美しい心と愛情に満ち溢れたワンコの世界の美しさ、
両方を目の当たりにしたから、真実を知るのが怖いといって、父親の日記を前に青木は泣くわけだよ。

だから死体映像はむごたらしいほど残酷でなければいけないし
犬の世界は驚くほどに美しくなければいけない。
なのに見た人全員が息を呑むような感嘆する映像がない。
あそこは映像美で表現しなければいけない場面なのに。

いやほんと、びっくりする。みなけりゃ良かった。というかイライラするからもう見るのやめるw
天地がドジッコキャラになってるから、天地の脳みそ送りつけ事件もやるんだろうな。周りをイライラさせる天地の天性の能力は無視で。ただのおっちょこちょいで、あのドラマやるのか。成立しねえwきっつー

ブログを書くならBlogWrite
  1. 2008/05/14(水) 02:50:27|
  2. 読み物とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ローズマリー軟膏作ったよ! | ホーム | お寒い神宮球場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/694-84eba82c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。