肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

巨人軍、優等生木佐貫の消失

フィギュアでは一番期待してた高橋がフリーでボロボロ
そして巨人の木佐貫がオリックスへトレード。
古木、プロ野球選手断念でハッスル参戦。(なんかグラビアタレントだった奥さんと離婚しそうな匂いがする)

残念なスポーツニュースが多くて凹みました。

木佐貫、オリックスかあ…。
私、木佐貫好きなんですよ。それも「巨人の木佐貫」が好きなんです。

なぜかってーと、古き良き時代の巨人の選手というものを体現しているようなイメージがあってさ。

古くはミスター、原辰徳、江川卓、松井、桑田・・・
こういうスター選手を作り出してきたメディアの巨人様万歳方程式は、良くも悪くもアンチまで生み出す強烈な光を撒き散らして目立ちまくっていたわけだけど。

でもこういう選手が、ドラえもんで言う出来杉くんみたいな優等生巨人のイメージを作ったわけではなく

斎藤雅樹、槙原寛己、西本聖、川相さんあたりの、強烈なスター性はないけれど誰もが認める才能と実績があり、そして休日には良きパパになりそうな真面目そうな選手。

こういう選手が「巨人軍は紳士たれ」という、誰もが安心して応援できるまっとうな正義としての巨人を作り出していたと思うんです。

それを現役選手では、唯一木佐貫が体現してたんですよね。

どこからどう見ても生真面目そうで大人しそうな好青年。
要領は悪いが実直な田舎の青年みたいで、間違ってもアクセサリーをじゃら付けしたり、ちゃらい発言もしない。眉毛も細くしない。浮名は流さず、長ーい付き合いの彼女と結婚しちゃうような、いかにも巨人らしい優等生。
それが木佐貫だったわけです。

その木佐貫が巨人からいなくなるなんて。寂しいというより、虚しい消失感が渦巻いてます。

帝都物語 [DVD]怪我明けの年、ピンチを何度も乗り越えて最終的に力尽きた木佐貫の、鬼気迫る表情は忘れることができません。

(ちなみにマジでこんな顔してた)

オリックスで活躍すれば簡単に巨人に連れ戻されそうだし。復活してほしいなぁ・・・。「巨人の木佐貫」

  1. 2009/12/09(水) 01:59:00|
  2. プロ野球の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤星の引退。悲しいけど賛成です | ホーム | 高橋大輔VS織田。男子フィギュアが熱すぎる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/871-fc3b7666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。