肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アークライズファンタジア。失速なしでラスダン前まで来ました

アークライズ ファンタジア(特典無し)アークライズ ファンタジアです
ラスダン?手前くらいまで来ました。

攻略サイトとか見たら、取り忘れのアイテムが一杯すぎて、早々に一周目を早クリアして二週目をじっくり楽しもうかなと。

シナリオはまだダラダラしないです。それどころか、え?ここで?まじで?この人が?みたいな劇的展開もあったりして、まだ緊張感保ってます。

一回気になったんで、調べてみたら、テイルズシリーズのシンフォニアやアビスのシナリオ書いた人だった。そりゃテイスト似てるわな。


前半で撒いた伏線を、忘れた頃に持ってきたり、
主要人物が一同に介して、みんなが思い思いの事をバラバラに言うところに重要なバレセリフが混じってたりすんだけど、それに「え?」と思っても今起こってることを阻止することで精一杯だったり、

あからさまに怪しい人、まったく怪しくない人、混じり合って、誰を信じて良いのかわからない。それでも目的手段のためには手をとり合わなきゃいけないシビアさ、

事態を把握するにつれ、戦うべき相手が変わっていく話の流れ、
ラスダン前なのに、まだ何が「善」で何が「悪」かははっきりしてない。というか、善とか悪とかで物事を図れないということがわかっただけ。

ラスボスの正体もまだわかってない。対面してみないと。(うっすら想像がつくけど、この中のどれが最後のラスボスなのかはわからない)

ほんと、シナリオうまいです。


そして人がちゃんと死ぬ。主人公もライバルも戦う相手をきっちり殺す。戦争だからね。

戦争突入して相手の兵士とバトル。終了後立ち去ろうとすると、仲間が倒れてる兵士をざっくり斬り殺し、「きちんとトドメさせ!死にたいのか」と怒る箇所があります。んで主人公は「わかった」と素直にうなづく。すんごく短いほんとにこれだけのシーンなんですが、ここでフィールド敵と敵兵士を区別したこと、そして事態の深刻さがわかります。

こういう部分がごまかされずにちゃんと書かれるのはいいね。


ただ、後半になるにつれ、駆け足説明で進む箇所が多々あって、もうちょっと丁寧に描写してほしいとも思ったり。

まあ、よくできてるからこその注文なんですが。

ストーリーに全く関係ないマップが、大きな街のそこかしこにあるのは、ストーリーをいろいろ削ったからだろうなとも思います。各街の工場地区や、ディアマント城マップの右端の空白とかね。

  1. 2010/01/08(金) 01:47:00|
  2. ゲームのプレイ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小林繁さん死去。江川卓のインタビュー見て思ったこと | ホーム | あけましておめでとうございます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/880-eef12214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。