肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライサチェクの4回転

「4回転は数ある要素の一つでしかなく、なぜそのひとつの要素にこだわるのかわからない」

この彼のコメントに、反論したい。

4回転にこだわらなくて何が男子フィギュアスケートだ!

4回転を取り入れて完璧に滑り切るのはそりゃ大変だろうさ。でもそれを見せて欲しいって言ってんだよー!

スキージャンプなら、より高く長く飛んで欲しい。マラソンや短距離走ならより早く走って欲しい。

どんなスポーツにもある最高の座標が男子フィギュアスケートだと「4回転を含む最高の演技」なわけじゃん。

フィギュアスケーターは全員ダンサーでもあり、ジャンパーでもあるわけじゃん?ジャンパーが難度の高いジャンプにこだわらなくてどーすんだ。

4回転入れずに滑るのと、4回転入れて滑るのは、どっちが簡単っつったら前者だろと。

でも実際4回転ばんばん飛んで、メダル争う選手がいたじゃん、今もやってる選手がいるじゃん。

「コンディションが悪いので回避」「相手の演技を見て入れるか入れないか決める」ならいいんだよ。4回転は勝つための重要な戦略、という前提での話だから。

「金メダルを取るために4回転を回避」に加えて、4回転の重要性すら捨てちゃうのはなんか違う・・・・

ルールがこうなんだから、彼にも思うところはあると思う。頑張ったのに、手放しで賞賛は受けられなかった。

大変だと思うよ。歴代の王者と比べられるとこに登っちゃったから。

4回転飛ぶ王者が出れば、「やっぱ四回転飛ぶべきだよね」てな流れになるし、
4回転飛ばない王者が出れば、その代表者にされ、
4回転を捨てた選手というイメージさえついていくかもしれない。

だからといって、4回転を他の技と同列に語ってはいけないと思う。たしかに数ある要素の一つでしかないけど、スピンと4回転はありがたみが違うじゃん!

完璧な4回転飛んで、「4回転は数ある要素の一つでしかない」だったらカッコ良いんだけどねえ・・・。

4回転否定の流れってさ、「ショーン・ホワイトに勝てるように、ダブルマックツイストの点数は抑えます。だから他の選手も頑張ればホワイトに勝てるよ!」みたいな流れだと思うのです。

4回転が登場してから20年ちょい。一部の選手ができる技だったのが20年でトップの選手は飛んで当たり前の時代になった。せっかくここまできたのにさ。

  • 1988年:ISU公式大会で四回転トウループを初めて成功させた選手はカナダのカート・ブラウニング。現在、男子では多数が成功する技に。
  • 1997年:四回転サルコウを初めて成功させた男子選手はアメリカのティモシー・ゲーブル、女子では日本の安藤美姫。(2002年:ジュニアグランプリファイナル)
  • 四回転ループ、四回転ルッツ、四回転アクセルを成功させている選手はまだいない。

ルール変更はあるんだろうか。
今後、金メダル取るために4回転に挑戦はできなくなるのは当たり前で、メダルより4回転だぜ!な一部の物好き選手や、下位の若手選手のアピールポイントになっていくのかな。やだな。

4年前は女子の安藤さんが4回転挑戦するかしないかで話題になってたというのに・・・・

切ない・・・。

  1. 2010/02/23(火) 02:35:00|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真央ちゃんを一人の人間としても尊敬します。 | ホーム | 4回転挑戦&芸術。両方ある高橋大輔は素晴らしい。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/890-a271d29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。