肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高橋大輔が世界王者に!

いやはやもう。朝五時起きして見ましたよ。

あの高橋大輔が、圧倒的優勝候補で最後に登場して当たり前のように圧倒的演技して優勝してしまいました。

他の選手はみんなボロボロで転倒しまくりだったので、ちょっと心配ではあったのだけど、最初の4回転で転倒しなかっただけで、これは優勝決まったと確信。その後は余裕のよっちゃんで楽しんで見れました。

織田が予選敗退、おまけに小塚もボロボロ。来期の枠取りのために4回転回避したらやだなあと思ってたのに、杞憂でしたね。

ちらりと4F挑戦五輪でもやればよかったのに、と思うけどこれも贅沢なタラレバか。あの五輪があったから、今回の4Fだと思うしね。

いやーしかし圧倒的だった。見事なほどに。ここまで別次元なのかと思うほどの違い。

日本人選手がラスボス扱いされて、マジで文句なし優勝さらうって、ここまで来たんだねぇ。あの高橋がねぇ・・・。こんなに貫禄ついちゃって。嘘みたい。

日本人選手=こっち側。プルシェンコ等の外国人トップ選手=あっち側。
みたいな隔たりがあったのに、もう完璧にあっち側の人間じゃないですか。

めちゃくちゃ踊りまくり。

引退はしないで来季も続けるようなので、一安心。来季はどんなプログラムやるんだろう。クラシックからヒップホップまで、こんだけバラエティ豊かに表現出来る人は世界でも類を見ないと思うので、楽しみで楽しみでしょうがないっす。

個人的にはバチェラレットみたいな暗くねっとりしたプログラム滑って欲しいっす。

織田

なんとSP28位で予選落ちでフリーに進めず。

全ジャンプ失敗。全部のジャンプの回転数合計しても3回転ですよ。ジュベールなんて一回跳んで4回転なのに。おまけにステップ途中で足が止まってぼんやり滑りなおし。

靴ひもに続いて、またやらかしです。今回は泣く余裕すらなかった様子。

何がしたいんだ、何しに来たんだ、と肩つかんでゆさゆさ揺さぶりたい。高橋のライバルだったのに、今じゃ小塚の背すら遠い。

お子様なんだよね。才能だけはあるのび太くん。
もう年齢的にここからの急激な伸びしろを期待するのは無理かもな。モロゾフのプログラムも織田のために考え抜かれたものが用意されたのに、それをただ滑ってるだけで、結局滑りこなさなかった。あかんやん。モロゾフにつけば表現力が勝手につくと思ったのか?思ってそうな気がするのが怖いけども。

ある意味、死にそうなほどフラフラだった今回の死の舞踏が一番曲のイメージを表わしていた滑りだったのかもしれない。

ここまで不運持ち&弱メンタルだと、来季は何事もなく滑りきっただけで、偉いね頑張った!って言ってしまいそうだ。

小塚

フリーでボロボロ。SP良かったのに。

大きな大会で赤っ恥かくのは良い経験だ!未来の高橋になるのか、織田になるのか、未来はこれからだ!

高橋のフリー終了後、やたら清涼感漂うキラキラ目で高橋(の映ってるモニターか?)を見ていた表情が印象的でした。

今季のプログラムでも、まだ上品な薄味のお吸い物って感じなので、もうちっと塩を効かせるとか、ダシを濃いめにするとか、豪華な具を入れるとかしてほしいなっと。

カレー粉入れても、金箔散らしても下品にならず、ちゃんと様になりそうな気がするけど。

ジュベール

4回転二回。すごかった。感動した。一ヶ月でここまで調子上げられるものなんだね。

しかーし!!根性は見せてもらったけど、ジャンプで体力使い果たして、その後フラフラしすぎですよー。

4回転重視になったとしても、表彰台狙いの選手が4回転が飛べればOK!というこんな演技ばかりになったら、それはそれでつまんないだろうな~と、

ちょっぴり4回転軽視のルールの意図がわかったような気がした。

かといって、五輪のライサチェクみたいに4回転は堂々回避して当たり前みたいになるのも嫌だし。

  1. 2010/03/26(金) 22:28:00|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<セ・リーグ開幕です! | ホーム | プロ野球順位予想!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/901-18bb1a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。