肉球を太陽に

猫が好き、ゲームが好き、野球が好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水嶋ヒロ小説家デビュー。ナンシー関よ生き返ってくれ

小説大賞の水嶋ヒロ、賞金2000万円辞退 やっかみも一因?

俳優の水嶋ヒロ(26)が、処女作「KAGEROU」で「第5回ポプラ社小説大賞」を受賞し、日本の文学賞では最高額の賞金2000万円を獲得。

ナンシー関が生きていてくれたらなあ……!!!

この夫婦の問題も含めいろいろネタにしてただろうに。見たこと無いのに、消しゴム印になった水嶋ヒロがはっきり脳裏に浮かぶよー。

これね、絢香を主人公とした少女漫画だよね。

そんなに可愛くない娘が歌の才能を買われて歌手デビューする→売れる→病で倒れる→イケメン俳優と熱愛→ひきさかれそうになって結婚→事務所から揉めて独立→彼が俳優干されて小説家に→さあこれからどうなる

りぼんとかなかよしなら、こういう少女漫画本当にあるかもしれない。「歌手デビューする→売れる」の間に、「同期歌手からのいじめ」が入れば完璧。

水嶋ヒロもすごい。

事務所辞めちゃったときはばかだなあと思ったけど、今になっては、良かったかもね。

他のイケメン俳優とは確実に違う、「水嶋ヒロの人生」というオリジナル路線走りだした。

しかもちゃんと壁や障害があって、それをするっと飛び越えて順調なのが素晴らしい。順調すぎて、次の茨の道が見えるのも素晴らしい。

ここまでくると、うそ臭い通り越して、感心してしまう。

もう私ファンみたいな何かになってると思うよ。次に何が来るのか期待してるもん。応援してるもん。作品も読まないから純粋なファンじゃないけどね。

どこまで既定路線なんだろうか、どこまで本人は納得済みなんだろうか。

レールの上に乗っかった芸能活動は嫌で飛び出して。
次に小説界飛び込んでも、結局レールの上に乗せられちゃった。
どうなるんだろうなあ。

俳優の時はまったく興味なかったんだけどね。いやー水嶋ヒロはすごいね。面白い。

いつか辻仁成みたいに、絢香と自分の出会いから結婚までを書いた小説書いちゃうんだろうか。書いて欲しい。

映画監督もやってほしい。カメラワークや色が変な感じで、出てくる役者がみんなぼそぼそ喋るようなアートな作品で。

これ削除ボーイズ出した賞だよね。その後受賞作が出ないまんまだった賞。

バリバリ純文学の本格派小説で行くと思ってたので、エンタメ系の賞でデビューとは意外でした。

とりあえず近いうちに日刊イトイ新聞に出そうだなあと思うけど、小説の内容次第だろうなあ。

  1. 2010/11/01(月) 19:03:00|
  2. 読み物とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<試合内容も白熱。テレ東も素晴しかった | ホーム | 大丈夫だ、問題ない。エルシャダイは買うよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikukyuu.blog7.fc2.com/tb.php/935-9dd7ee61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。